オーラ系統診断

系統が決まらない時




 「ごめんなさい、分かりません」が出たり、「○○系かな…?」とか「○○系か××系だと思うんですが...」ばかり出て 全然系統が決まらないっていうことがあると思います。そういう時は良く考えて、あるいは日を改めて、 もう一度診断してみてくださいと何度も言ってきましたが、このページではそういうことは言いません。

 やや強引ではありますが、あなたの系統を"手動"で判断する方法を教えます。




 一言に系統が分からないと言っても、いくつかの種類に分けることができます。


 1つ目の場合も2つ目の場合も同じ方法で系統を求めることができますが、3つ目の場合はやや面倒になりそうです。
 何か質問がありましたらこちらで受け付けてます。







系統は一つ候補があって、タイプも一つ有力なのがある。



 

 図のように強化系かな…?は「どちらかというと強化系ではないか」と判断しています。 なのでエニアグラムのタイプは○○のほうがやや有力です。と特色が濃いほうを示してくれます。

 この場合はタイプ8の内容を読んでみてください。→系統別の詳しい性格



 自分に合っていると感じれば、あなたは赤い枠で囲ってある部分の強化系である可能性が高いと判断できます。

 何か質問がありましたらこちらで受け付けてます。










系統は2種類くらい候補があって、タイプも2つに絞れてる。





 画像のように青いところの○○系か××系というどっちつかずな結果が出た場合は、 赤い枠のところ、エニアグラムのタイプは2つ表示されます。
 この場合、まずはタイプ2かタイプ7の内容を読んでみてください。→系統別の詳しい性格

 その後、タイプ7よりタイプ2の内容のほうが自分にしっくり来ていると感じたとしたら…



 ちょうど画像の赤い枠で囲ってある部分です。
 あなたは具現化系である可能性が高いという結果を出せます。

 何か質問がありましたらこちらで受け付けてます。











系統もタイプも分からない。「ごめんなさい、分かりません...。」





 この場合は非常に難しいです。3つ以上の候補があるため、混乱しています。
 まずは全部で9つあるタイプを一つずつ読んでいき、最も自分に合うものを選ばなくてはいけません。
 →系統別の詳しい性格



 そして、仮にタイプ8の内容がしっくりきたなら、タイプ8のタイトルを見るとあなたの系統が書かれています。
 ちょうど画像の赤い枠で囲ってある部分です。

 はじめから系統もタイプも候補がないと、自分で判断するのが大変になります。
 実は問題数100問は診断する側にとっては多く、判断する側にとってはとても少ないです。 その性質上判断が下しにくいため、このような結果になることも多々あります。

 何か質問がありましたらこちらで受け付けてます。










裏技のようなもの




 

 質問がなぜか11問ごとに区切られているのに気づきましたか?
 実はこの区切りは9個あります。そして上から順にタイプ1,2・・・ という順に、その性格が書かれています。
 たとえばはじめの区切り(1問目〜11問目)のYesの数が、他の区切りと比較し多ければ タイプ1の傾向が強いと判断するようになっているのです。
 この場合、タイプ1は強化系になります。



 もし診断を行い、系統が確定せず、タイプが2つに絞れていた場合は、この区切りを利用することもできます。


 たとえば・・・
 系統が分からないがタイプが1か2だったという時は、1問目から11問目と12問目から22問目を 重点的に考え直せばいいわけです。
 そうすると1か2どちらかが決定する可能性が高まります。

 何か質問がありましたらこちらで受け付けてます。